プラセンタ効果 持続

プラセンタ効果の持続性

 

プラセンタ効果を得るためにはもちろん体内に取り込まなくてはなりません。
だからと言ってたくさんのプラセンタを摂取したから効果がしっかり出るとは限りません。
もちろん少なくては効果が出るにまでいきませんが・・・

効果がでるサプリ

 

やはり量は適量が1番いいでしょう。
またどのくらい摂取期間があるかによってプラセンタ効果の持続は決まってくるといえるでしょう。

 

まずは一日のプラセンタ摂取量はどのくらいがベストなのかを調べてみようとおもいます。

 

効果が出るプラセンタの量

 

薬学会での論文を調べてみると1日に300〜500mgで効果がでるとされています。
しかしながら必ずしもこの量がいいというわけではないようです。

 

というのも効果の感じ方は人それぞれということもあります。
効果が出る人はすぐに出ますがなかなか出ない人もいます。
日常化することで効果が出ているが実感しにくくなるということもあるようです。
またプラセンタ治療をしている医師などは500mg〜1000mgという意見もあるようです。

 

プラセンタは健康食品と同じ扱いなので規定量というものがありません。
そのプラセンタ会社が勧める適量がめやすとなっていきます。
適量に沿って摂取していくのが1番いいかもしれません。

 

飲み始めは適量より少ないぐらいから身体を慣れさせる意味もあって進めていくことが負担にもならないようです。
そして量を増やしていくなどして自分の体調に合った摂取の仕方をしていくことがいいでしょう。
自分の体調を見ながら量の調節ができるのはやはりサプリメントです。

 

気になるにおいや味はなく今はサプリメントが飲みやすいソフトカプセルになっているものも多くあります。

 

プラセンタ持続性

 

先にも述べたように持続性と聞かれて「いついつまで効果があります」とははっきり答えられないのがプラセンタ効果だとおもいます。
ただプラセンタの種類によってはある程度効果が持続する期間がわかる物もあります。

 

上記に述べたサプリメントは毎日飲み続けることが大事なので持続性で言ったら短いかもしれません。
だからこそ飲み続けるのだとおもいます。
粉末も同じで毎日の積み重ねによって効果を持続することができるでしょう。

 

それとは逆に注射は体内に直接接種することで2か月ぐらいは効果が持続するとされています。
持続性で見たら1番長いかもしれません。

 

ドリンクは即効性もあり、持続性では1週間ぐらいではないでしょうか?