プラセンタ注射

プラセンタ注射

プラセンタを体内に取り込む方法の一つにプラセンタ注射があります。
プラセンタサプリとは違うものと考えた方がいいかもしれません。
取り込む方法としては一緒ですが・・・
それはなぜかというとプラセンタ注射はプラセンタ唯一の医薬品扱いとなっています。
というのもプラセンタ注射は自分では勝手に打つことができないものなのです。

 

プラセンタ注射は人間の胎盤を原材料にしています。
このヒトプラセンタを使っているのは製薬会社のみとなり、医師の接種のもとでしか受けることはできません。
人間の胎盤を利用しているということもあって私達の体への浸透はスムーズです。
また静脈に注射をするので効果をいち早く感じることができるといわれています。
主に更年期障害や肝機能障害の緩和治療に使っている医療機関やクリニックがほとんどです。

 

多くの方がプラセンタ注射をすることで

  • 症状が軽くなった
  • 肌が見違えるように若くなった
  • 毎日体が軽くなった

などという意見があるようで、プラセンタ注射の素晴らしさを実感できているようです。
症状の緩和の他にも美容効果をそのまま感じることができて、一石二鳥なんてかたもいるようです。
それらの症状は保険対応なので自己負担は少なく済むようです。

 

 

しかしながらいい点ばかりではないのです。
確かに更年期障害などの症状が重い人にはお勧めでしょう。
ですがプラセンタ注射をしてしまうと献血ができなくなってしまうのです。
プラセンタ注射をはじめとするプラセンタに副作用の報告はうけていません。
しかしながらプラセンタ注射は人間の胎盤を原材料にしているため感染症のリスクが絶対にないとは言えないからです。
もちろんしっかり製薬会社が処置をしていますが、国は不安を持っているのです。
そのためプラセンタ注射をした人は献血をしてはいけないという決まりを作ったのです。

 

1番大きなデメリットはこの点ですが、他にも金銭面や頻度の問題があるようです。
先にも述べたようにプラセンタ注射は医療機関やクリニックでの注射になります。
そのため定期的に通院をしなくてはならないという点です。
交通費はもちろんのこと、頻度が2週間に1度ぐらいの接種になるので金額もかかるというわけです。
保険対応の場合はいいのですが、美容効果のためでは保険適応となりません。
このようなことを考えていくとプラセンタ注射にはいくつかのデメリットがあると言わざるをえません。

 

プラセンタ注射の素晴らしい面を理解しながらも、デメリットを考えてプラセンタ注射を接種することがお勧めです。