プラセンタ種類原材料

プラセンタの種類

 

プラセンタ効果があるサプリにはさまざまな種類のものが使われています。
その物によっての効果も少しずつ変わってくるとされています。
そのため効果があるサプリを探す為にはどんな種類のプラセンタがあるかを知る必要があるのです。

 

プラセンタとは胎盤から抽出した成分です。
その胎盤は動物のものと植物、海の物とあります。

 

多く流通しているプラセンタのほとんどはの胎盤をつかっています。
豚は1年に数回出産するため胎盤が多くとれることでコストも安く抑えられるということで比較的手ごろな値段で流通しています。
しかし豚の場合出産するときに複数出産することで胎盤が薄く栄養価が低いといわれています。
また多頭飼いなので感染症などの病気を防ぐためにもワクチン接種を行っている豚が多いということで安全面が懸念されています。

 

同じ動物の中にの胎盤を使ったものもあります。
羊は人間と同じような組織構造を持っているので、摂取した場合、体になじみやすいといわれています。
効果も高いと評判です。
しかしながら国産の羊プラセンタはなく海外の物が多くはいってきていることに心配をする方もいるようです。

 

もう一つ今注目されていて管理人もお勧めなのがの胎盤を使った馬プラセンタです。
馬は豚と違って1年に1回の出産で、しかも1頭しか出産しません。
そのため馬の胎盤は分厚く栄養価が高いと評判です。
また飼育面でも1頭ずつの飼育で、しかも徹底した管理のもとで育てられているので安心と言われています。

 

他にも動物ではない植物や海洋性のプラセンタつぶは美容面に定評があります。
この2種類においてはプラセンタのように成長因子がないため健康面への期待は低いようです。

 

 

自分にあったプラセンタつぶを見つけることが1番大切なのかしれません。