プラセンタサプリの飲みやすい種類

サプリはどんな種類がある?

プラセンタサプリと言っても実はサプリにも種類があることを御存じでしたか?
種類というのかサプリの形のことです。

 

プラセンタサプリには大きく分けて3つの種類があります。
その種類はよく目にする錠剤、そしてカプセルです。
カプセルが2種類にわかれてハードカプセルとソフトカプセルがあります。
この3種類それぞれが特徴を持っていてその特徴を知ってプラセンタサプリを飲むことも効果につながるかもしれません。
今回はその特徴を詳しく紹介していきたいと思います。

 

サプリの特徴

まずは錠剤から見ていきましょう。
錠剤は私たちがもっとも目にするポピュラーな物ではないでしょうか?
その錠剤は成分をそのまま圧縮してちいさな粒にしたものです。
表面がざらざらしたものからコーティングがしてあってピカピカしているものまであります。
それはそのサプリの特徴を生かすためにタイプがあるのです。
例えば苦味を抑え飲みやすいようにしたものがコーティングしてあって少し甘い感じの錠剤だったりするのです。

 

錠剤は添加物が入っているとされています。
その添加物がないと錠剤として粒の形にならないとされています。

 

次にカプセルについてです。
カプセルは先に述べたようにハードカプセルとソフトカプセルに分かれます。
ハードカプセルはゼラチンでできた硬いカプセルの中に成分となる粉末がはいっています。
保存料を入れることができるので長期保存が可能なサプリです。
ソフトカプセルは液状の成分をゼラチンで作った皮のようなものでつつみカプセル状にしたものをいいます。
そのため臭いをしっかり包んでくれます。
しかし熱に弱く、サプリ同士がくっついてしまったりするのであまり長期保存はできないようです。

 

飲みやすさで言ったらハードカプセルよりもソフトカプセルの方が飲みやすいでしょう。
少し柔らかいのが飲みやすいのかもしれません。

 

効果のスピード

これらのサプリでは効果を感じるまでのスピードが関係してくるのでしょうか?

 

やはりこの3種類の中では錠剤が早く効果を感じることができるようです。
ハードカプセルやソフトカプセルはどうしても成分を包んでいるのでそのカプセルがとけてからの効果につながるので錠剤の方がストレートに効果につながるかもしれません。

 

飲みやすさは人それぞれですのこれとは進めにくいのですが毎日飲むのが基本になるので、自分が飲み続けていけるタイプがお勧めです。
このようなサプリを飲むのが苦手な人にはやはりソフトカプセルの物が飲みやすいかもしれません。