プラセンタ副作用

プラセンタサプリは薬?

どんなサプリを飲むときでも気になるのが、そのサプリに副作用があるのかないのかといった点ではないでしょうか?
副作用とは何かを摂取した時に違う効果が出てしまうことを言います。

 

つい最近では鎮痛剤のロキソニンが副作用として問題になりましたね。
あのロキソニンも鎮痛剤としての目的がメインです。
しかしながら腸閉塞などの副作用が出てしまい問題になったのです。
このような副作用がプラセンタサプリにもあるのか気になる点です。

 

ここでは詳しくプラセンタの副作用について説明していきます。

 

まずはプラセンタサプリが一体薬なのかどうなのかを説明していきます。
プラセンタサプリは健康食品です。
つまり医薬品である薬ではありません。

 

ここで健康食品と医薬品の違いを理解していきましょう。

 

健康食品とは・・・
治療が目的ではなく主に健康な人が不足しているものを補い健康維持や予防が目的とされています。
健康食品としての扱いなので食品と同じく製品表示がされます。
治療の実験をしていないので効果や効能を表示することはできません。
そして誰でも販売できて誰でも購入することができます。
規定量というものがなく、自分の体調に合わせながら飲み方や量を調整することができるのが特徴です。

 

とは・・・
治療が目的として使われるため病気の人やけがの人が治すために使われます。
最終的には治験も行い効果などが有効的かを調べた後に製品化されます。
そのため効果や効能を表示することができ、規定量というものが定められています。
医師や薬剤師の下での使用、販売となります。

 

 

簡単に言うと医薬品の場合は治療目的のため成分として強いものが含有しているものもありますが健康食品であるサプリの場合は食品と同じ扱いなので、成分として強いものが含有していることはありません。
そのため副作用はないといわれています。

 

なかにはプラセンタの副作用と間違えて

 

  • ニキビができやすくなった
  • 太った
  • 毛深くなった

 

という事例を耳にすることがありますがこれは副作用ではなく、体の中から健康になったために起きる正常な働きの結果なのです。
例えばニキビができやすくなったというのはプラセンタサプリを飲んだからの副作用ではなく、プラセンタサプリを飲んで体の新陳代謝がよくなり、そのせいでニキビができやすくなったように感じるというわけです。
サプリを飲んでの副作用ではないので勘違いしないようにしてください。

 

国も重篤な事例は報告されていないとしています。
健康食品なので体内で生成されにくい成分の補助や補うためにプラセンタサプリを摂取すると理解したうえで摂取することをお勧めします。
そして薬のようにすぐに効果が改善されるものではないので、プラセンタサプリの場合は長期間摂取することがポイントになってきます。