プラセンタ効果があるサプリ

プラセンタとは

プラセンタとは英語やフランスでの呼び名で日本語では胎盤を意味します。

 

プラセンタ

哺乳類が妊娠3か月を超えるころにできる胎盤はへその緒によって胎児とつながっています。
そのためお腹の中で赤ちゃんを育てるため酸素や栄養を与えている重要な器官です。
そして赤ちゃんの発育成長に必要不可欠な器官とも言われています。

 

プラセンタパワーは今では美容に対してだけでなく、医療業界からも注目されている成分です。
そんな中、プラセンタサプリが最も身近な摂取方法といえるのではないでしょうか?

 

プラセンタサプリは、胎盤から細胞分裂を促す成長因子や、18種類以上のアミノ酸やビタミン、ミネラル、タンパク質酵素など栄養素を抽出したものが含まれています。
抽出する技術も進化しているため、プラセンタの有効成分を安全に抽出することが可能となっています。
胎盤ができる哺乳類すべての胎盤を原材料にしているわけではありません。
人間の胎盤の他にも、馬や豚、羊の胎盤を原材料にしてサプリは作られています。
プラセンタサプリの原材料についてはこちらのページに詳しく書いてあります。
⇒プラセンタサプリの原材料種類

プラセンタが人気になった秘密は期待できる○○?

今ではプラセンタのうれしい反応を、科学的に実証するための研究などが進んでいます。
プラセンタには単なる栄養成分だけでなく細胞の分裂を適切にコントロールしてくれる働きがあることがわかっているのです。

 

これがいわゆる成長因子「グロースファクター」といわれる細胞増殖因子です。

 

この成分が体全体のさまざまな部位に対して細胞の分裂を促しダメージを受けた細胞から新しい細胞の作り出しを助ける働きがあるといわれています。

 

細胞のリフレッシュとともに血流、情報伝達物資、ホルモンバランス改善などの総合的な作用に期待ができます。
結果、肌がきれいになったり、体調を整えたりするなどのうれしい症状につながっていくのです。
実際医療業界では、肝機能障害や更年期障害において、治療薬として認められています。
(この場合はプラセンタ注射である、ラエンネックとメルスモンの2種類だけとなっています。)

 

また日々の研究の結果、老化現象が起きる要因に「成長因子の減少」が関係しているといわれています。
人間の身体には成長因子というものがもともとあるのですが、年齢を重ね25歳ごろよりこの成長因子が減少し始めます。
そして40歳ごろには半分までに減少してしまうとされています。
外見も内面もやはり25歳ごろがピークで下り坂になってしまうようです。

 

でも逆に成長因子の減少を止めることができれば、老化にまけない若さを保つことができるというわけです。
そんな成長因子を体外から取り込むためにも、プラセンタサプリは有効な方法であるといえるでしょう。

 

プラセンタ成分を体内に取り込む方法は何がある?

 

プラセンタを体内に取り込むには以下の方法があります。

  • 注射
  • サプリメント
  • ドリンク
  • 粉末
  • 化粧品

 

それぞれに特徴があります。
メリット、デメリットとして比較してみましょう。

 

 

メリット

デメリット

注射

かなり即効性があり早く効果を感じる

何回も病院に通ったり費用が掛かる

化粧品

直接塗ることができるので部分的にはお勧め

含有量が意外と少ない

粉末

飲んでも化粧品にまぜてもいい

混ぜるのが面倒

飲むと臭いが気になる

ドリンク

早く効果を感じることができる

毎日飲まなくてもいい

飲みにくく、ごみが出る

費用がかかる

サプリメント

コスパがいいので長く続けることができる

自分の調子に合わせて量が調整できる

即効性に欠ける

プラセンタサプリ

 

それぞれにメリットデメリットがあるため、自分に合ったものを選ぶことがおすすめです。
医療として必要な場合は、医師との相談の上、プラセンタ注射がおすすめではありますが、美容面を場合は一度よく考えましょう。
即効性が高く、評判がいいプラセンタ注射は人気の摂取方法ではありますが、その分デメリットもあるためよく考えたうえでの接種がおすすめです。

 

感じ方はゆっくりでもいい、安全に手軽にプラセンタ成分を摂取したい方にはやはりプラセンタサプリがおすすめです。
安心安全であり、毎日飲むだけと手軽であり、プラスお財布にも優しいのがプラセンタサプリです。
ゆっくりじっくりと少し時間がかかりますが自分に合ったプラセンタサプリを飲み続けることでうれしい結果に期待がもてるでしょう。

page top