プラセンタ効果があるサプリ

プラセンタとは

プラセンタとは英語やフランスでの呼び名で日本語では胎盤を意味します。

 

プラセンタ

哺乳類が妊娠3か月を超えるころにできる胎盤はへその緒によって胎児とつながっています。
そのためお腹の中で赤ちゃんを育てるため酸素や栄養を与えている重要な器官です。
そして赤ちゃんの発育成長に必要不可欠な器官とも言われています。

 

しかしサプリなどの健康食品でいう「プラセンタ」は胎盤そのもののことを言うわけではありません。
胎盤から細胞分裂を促す成長因子や、18種類以上のアミノ酸やビタミン、ミネラル、タンパク質酵素など栄養素を抽出したもののことをいいます。
最近では技術も進みプラセンタの有効成分を安全に抽出することが可能となっています。
哺乳類と言ってもすべての哺乳類の胎盤を使用しているわけではありません。
人間の胎盤はもちろんですが他に馬や豚、羊の胎盤からの抽出があります。

 

 

プラセンタ効果

 

今ではプラセンタの研究が進みさまざまなプラセンタ効果効能が科学的に実証されています。
プラセンタには単なる栄養成分だけでなく細胞の分裂を適切にコントロールしてくれる働きがあることがわかっているのです。

 

これがいわゆる成長因子「グロースファクター」といわれる細胞増殖因子です。

 

この成分が体全体のさまざまな部位に対して細胞の分裂を促しダメージを受けた細胞から新しい細胞の作り出しを助ける働きがあるのです。

 

細胞のリフレッシュとともに血流、情報伝達物資、ホルモンバランスなどあの改善などの総合的な効果はもちろんあります。
そのことで肌がきれいになったり、体調を整えたりする効果があるとされています。
病気にも効果があるとされていて肝臓や更年期障害にも効果があるとされているのです。

 

また老化現象が起きる要因にこの「成長因子の減少」が関係しているようなのです。
つまり成長因子が体内にたくさんあれば老化に負けない体になることが期待できるというわけです。

 

 

プラセンタの種類

 

プラセンタを体内に取り込むには以下の方法があります。

  • 注射
  • サプリメント
  • ドリンク
  • 粉末
  • 化粧品

 

それぞれに特徴があります。
メリット、デメリットとして比較してみます。

 

 

メリット

デメリット

注射

かなり即効性があり早く効果を感じる

何回も病院に通ったり費用が掛かる

化粧品

直接塗ることができるので部分的にはお勧め

含有量が意外と少ない

粉末

飲んでも化粧品にまぜてもいい

混ぜるのが面倒

飲むと臭いが気になる

ドリンク

早く効果を感じることができる

毎日飲まなくてもいい

飲みにくく、ごみが出る

費用がかかる

サプリメント

コスパがいいので長く続けることができる

自分の調子に合わせて量が調整できる

即効性に欠ける

プラセンタサプリ

 

プラセンタ効果をすぐに感じたい方はドリンクがお勧めですが長く手軽に続けていけることを考えるとプラセンタサプリが1番のお勧めといえるでしょう。

 

また体に優しく吸収されてていくので急激な変化がなく安心・安全と言えるようです。

更新履歴